So-net無料ブログ作成
検索選択

Windows8の販売終了!?Windows7のサポート期間延長は!?また次期OSのWindows10はどうなる!? [ネット]

スポンサーリンク




Microsoft社が提供している「Windows 8」が製品版ソフトウェアの販売を終了し、提供終了に向けて動き出していることが分かりました。小売店では米国時間10月31日をもって、「Windows 8」を注文することができなくなり、販売できるのは在庫分だけとなっています。
店頭ではすでにインストールされたPCのみの提供になり、次期OSの「Windows 10」に注目が集まると思われます。
「Windows 8」の発売は約2年前の2012年10月26日で、サポート終了期限は2023年1月までとなっており、XPのようにすぐに買い換える必要は今のところないでしょう。

しかし、問題は「Windows 7」の一部のバージョンがインストールされた新品PCをメーカーから購入できなくなったということのほうが重大かもしれません。
Microsoftによると、同じく10月31日より、「Windows 7 Home Basic」「Windows 7 Home Premium」「Windows 7 Ultimate」がインストールされたPCを購入することができなくなりました。
実際は、メーカーや小売店はWindows 7 PCの在庫をまだ大量に抱えているため、品薄になるのはしばらく先のことだと思いますが、現在「Windows 8」よりも親しみやすく、使っている人も多いと思います。
そんな「Windows 7」ですが、「Windows 7 Professional」をプレインストールしているPCの販売は継続される予定で、
Microsoftは、販売終了日は1年前に予告すると述べています。
サポート終了期限は2015年1月13日となっているため、サポート期間を延長するのではないかと予想されています。

サポートの延長にもよると思いますが、主要なOSの「Windows 7」も来年の今頃から「Windows 10」への移行を考える必要があるかもしれません。
「Windows 8」についてはサポート期間はまだ長いですが、これからPCを買う人にとって、メリットはあまりないかなと思います。UI面を全面に押し出し、かえってユーザビリティは悪くなってしまっているので、来年の「Windows 10」を待つほうが得策かもし得ません。
スタートボタンの復活や各種機能が期待される「Windows 10」。
私もPCの買い替えを考えていましたが、来年の今頃まではVISTAで我慢しようと思います。


出典:http://japan.zdnet.com/os/analysis/35056045/



スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。